総量規制対象外の審査についての情報

「総量規制対象外になる債務」というと、住宅ローンやカーローンなどがあります。その他にも、高額医療費や手形を用いる債務などの場合も該当します。また、カードローンを利用する場合でも、消費者金融系カードローンではなく銀行系カードローンを利用することによって、総量規制対象外で利用することができます。

住宅ローンやカーローンなどは、一般的な銀行ローン(目的ローン)ですから、それぞれの銀行が独自の審査基準によって融資の可否を判断することになります。ただ、目的ローンの場合は、一定の担保が確保される状況になるため、同額をフリーローンで利用する場合と比べると審査難易度が低めになりやすいという特徴があります。

カードローンを利用する場合でも、銀行系のカードローンならば総量規制対象外になりますが、消費者金融系カードローンと比べると審査難易度が高めに設定されます。これは、年収に応じて債務を制限する総量規制の影響を受けないことによって、債務超過に陥る恐れが高まるためです。

総量規制によって明確な債務上限が設定されている場合には、基本的にどうあってもそれ以上の借入れをすることができませんから、必然的に債務の負担が抑制されます。しかし、総量規制対象外のカードローンを利用する場合には、貸主(債権者)の判断次第で高額な融資を行うことができるようになるため、より厳正な審査を行って融資の可否を判断する必要があることが関係します。
総量規制対象外カードローンでお金を借りたい!ランキングTOP3はこちら